トップへ戻る

引越し資金、住宅手当を無利息で受給する方法

2010年01月16日

header_title.gif
未だ不景気感の強い日本ですが、この日常生活を支援する内容が厚生労働省より昨年10月に制定されたようです。
具体的な内容は、
仕事をなくすと様々な生活に支障が出ます。そこで国が住宅確保・就職・生活費を条件を満たせば無利息(要件に該当すれば1部返済免除)にて受給が出来ます。
これは入居者の方や住居を探してる方は是非ご利用した方がお得ですよね。ではどのような場合に受給の対象になるのかまとめてみます。
まず
「住宅安定資金融資」・・・
これは社員寮等を利用していた人が退居を余儀なくされた方を対象としたもので、賃貸契約の初期費用が最大40万円(また生活費においてもプラスで受給可能)が受給出来るようです。この制度は連帯保証人がいる場合は無利息、保証人がいない場合は年1.5%の低利息があります。
この制度を利用する為にはいくつか条件をクリアしなければなりません。

1.事業主都合による離職に伴って住居喪失状態となっている離職者の方
「過去1年以内に事業主都合によって離職し、現在も失業状態にあること」と「その離職が主な原因となって社員寮などの住居を喪失し、現在も住居喪失状態にあること」の2つの要素を満たす必要があります。現在住居のある方は対象となりません。
ただし、離職により入居権利を失う社員寮等に入居している方で、解雇通告等を受けて、1ヶ月以内に仕事と住居の双方を失うことが決まっている方は対象となります。

2. 常用就職の意欲が認められ常用就職に向けた就職活動を行うこと
具体的にはハローワークに求職申込みをし、その支援を受けるなどにより常用就職に向けた就職活動を熱心に行う必要があります。 (※月1回以上ハローワークで職業相談をする必要があります。) 
3.預貯金・資産がないこと 
4.離職前に主として世帯の生計を維持していた方
5.所定の信用保証機関を利用すること
あれえ。。。。自分も内容を確認すると意外にこの5がネックになる人多いんじゃないかなぁ・・・・中々条件に当てはまる人は少なそうです・・・
詳しくは下記URLにて
「住宅手当」・・・
これは離職者であって働く意欲があり、住宅が喪失している又は喪失する恐れのある方が対象とのこと。上限は生活保護の住宅扶助特別基準に準拠した額×6ヶ月です。これも勿論受給には条件があります。
1.2年以内に離職した方 
2.離職前に、自らの労働により賃金を得て主として世帯の生計を維持していた方 
3.就労能力及び常用就職の意欲があり、ハローワークへ求職申込みを行う方
※ 手当支給期間中は、常用就職に向けた就職活動(ハローワークへの求職申込みと月1回以上の職業相談、及び自治体での月2回以上の面接支援が必要です。 
4.住宅を喪失している方または喪失するおそれのある方(喪失するおそれのある方は下記5及び6の要件に該当し、賃貸住宅等に入居している方) 
5.原則として収入のない方。一時的な収入がある場合には、生計を一つとする同居の親族の収入の合計が次の金額以下であること。
   
単身世帯:8.4万円  複数世帯:17.2万円 
6.生計を一つとする同居の親族の預貯金の合計が次の金額以下であること。
   
単身世帯: 50万円  複数世帯: 100万円 
7.国の住宅喪失離職者等に対する雇用施策による貸付または給付、地方自治体が実施する類似の貸付または給付等を受けていない方
これは是非賃料滞納する前に利用して頂きたい。消費者金融などの高い利息で借入れする前に・・・
不動産業者、家主代理人としては滞納が続けば理由はどうあれ退居して頂くことしか出来ないから・・・
必要書類や手続き方法は下記URL参照
これらの融資を受ける為には厳格(らしい)な審査があるのである程度の日数が掛かってしまいます。明日の生活さえ困難な方には「臨時特例つなぎ融資」の利用も出来ます。振込み処理の為、2日程度らしいのですが・・・・
高利率金融業者の食い物になる前にこういった制度が利用出来ることは是非知っておいて頂きたい。
また既に高利率で借入れしてる人も、破産手続きする費用を弁護士に依頼することにも費用がかかります。これらも国により補助申請が出来るそうなのです。
無知は損。本当に補助が必要な方にこういったモノがあるって事を知っておいて欲しいと切に願います。
おしっ30分で纏めた( ´,_ノ` )y━・~~~~

育つほど味わい深くなる植木鉢

2010年01月15日

先日、突然部屋の中に緑が欲しいと思い、色々調べていると面白そうなものがありました。

その名はHONBACHI 本鉢」
honbachi_02.jpg
本の中から植物が生えている見たいです。
なんとなくプレステの聖剣伝説を思い出します。
東京ピストルズという広告デザイン会社が作っているもので、
コンセプトは「使わなくなった本を土に還す」
本好きにはちょっと微妙で賛否両論ありそうですが、捨てるよりかは良いし、もともと昔のものを加工しているものとか好きだったので買いました!
本当に廃棄本の中をくりぬいてあるだけで、防水処理などもなく、水が染みてきてボロボロになっていくそうです。
まだ届いたばかりで設置しただけですが、枯らさないように育てて、いい感じに朽ち果てようと思います!
こんな感じ↓
本鉢_R.jpg
昔サボテン枯らしたことがあるので、大事に育てます!