トップへ戻る

2代目。

2015年01月30日

新年明けましておめでとうございます。
\ 今年もフェリーチェをよろしくお願いいたします! /

だいぶ遅くなってしまい、すみません・・(^^;)
2015年になり、今年は年女か~
年末年始のお休みも終わっちゃったな~と思ってたら
あっという間に1月も終わりかけ、
早いな~と思う今日この頃ですが・・・
いろんな落下から守ってくれてたiphoneケースを
とうとう壊してしまってショックな、にしだです。
まあ、本体壊れなかっただけでもマシか。

今日は珍しく← 珈琲のことについて
書こうかなと思います( ^∀^ )。

うち、母が珈琲をよく飲むので
フィルターとか買いに行ったりするんですが
お店によっては、
台形型のフィルターばかりで
円錐型が意外と見つけられない
というか、ない・・><

そこで!
台形型と円錐型のドリップについて
紹介しようと思います。

まず、豆の挽き具合ですが
中挽きが適しています。

細挽きになると成分の抽出が早くなるので
苦味が強くなったりします。
逆に粗挽きだと成分の抽出に時間がかかって
苦味が弱く酸味が強くなったりします。

お湯はだいたい90~96℃
(沸騰してから20~30秒置いたくらい)
高すぎてしまうと苦味が出すぎてしまいます><

次に、ドリップ方法ですが
台形や円錐の種類によっては淹れ方が違うんですが
よく見かけるこの2種類の淹れ方は同じ。

10958932_385299378304117_4532307479157226353_n.jpg

10917417_385299391637449_6168881071127374590_n.jpg

1503357_385299411637447_6294427278330854389_n.jpg

① 粉を平らにして、お湯を粉の中心から外側に向かって
渦巻状に注ぐ。この時、粉から3~4センチの高さで
なるべく垂直に細ーく注ぐ。
(注いだ後、お湯がぽたっぽたっと出てくる感じがbest)

② 30秒くらい蒸らす。
(新鮮な豆だとふくらんでくる)

③ お湯を中心から外側へ渦巻状に注ぎ
粉がふくらみ終わり平らになる頃に
また次のお湯を注ぐ。
これを人数分抽出するまで繰り返す。

④ 粉の表面がくぼむ前にドリッパーを外す。
(液体を全て落とすと”アク”みたいな不純物が混じる)

ちなみに台形のドリッパーの方は
あっさりとした味わいに
円錐のドリッパーの方はコクがでるみたいなので
その時の気分でドリッパーを
変えてみるのもいいかもしれませんね★^^

わかりにくいかもしれませんが…^^;
おーしまい。笑