トップへ戻る

マイケル・ジャクソン THIS IS IT 

2009年11月24日

「THIS IS IT」見てきました。

帯山とかぶるけどいいよね?

昨日スマスマで特集やっていたので、また感動!

もう一度見たくなりました!

実は初め、マイケルジャクソンのことあまり興味なく、評判がいいから良いんだろうなぁ~って軽い感じで見に行ったのですが、予想をすさまじく超える映像と音楽の完成度!(リハーサル映像ですけど)

ファンの方はもちろん楽しめるし、僕のような、にわかファン(ミーハーな人)は映画を見に行くというより、マイケル・ジャクソンを見に行くぞって感じで見たがいいです。
映画じゃないです!(良い意味で) ホント、ライブを見ている感覚でした。
リズム取っちゃいますし、立ち上がりたくなりました!

幻に終わったロンドン講演のリハーサル映像を中心に編集したドキュメンタリーで
リハーサルやPVを上手く編集し、素のマイケルも見れてとても素晴らしかったです。

何よりも漠然としたマイケル・ジャクソンに対してのイメージがイッキに覆されました!
こんなに謙虚でフレンドリーな人だったなんて、スタッフやファンに対する愛情がものすごく深く、そして皆に愛されていた事がスクリーンを通して伝わってきました。

ダンスや歌の上手さはもちろんわかっていたつもりだったけど想像以上の超絶パフォーマンス。
何気ない足の動き、ちょいちょいムーンウォーク入れてきます。
ウマすぎます!

で、音楽や演出に対する半端ないこだわり

まさにキング・オブ・ポップ!

エンターティナーの頂点です!

映画を見ている間は亡くなったことは全く忘れてしまうけど、もういないんだと気づいた瞬間すごく悲しくなりました。

実際もう絶対に完成しないライブのリハーサルで途中の過程の映像なんですが、

そのお蔭というか、映画が終わった後もなんだろう、「終わった」って感じではなく、これからなにか始まるようなちょっとワクワクする終わり方でした。

エンドロールが始まった後にも珍しく誰一人席を立たなかったです。

思わずスタンティングオベーションしたくなりました。

ひたすらマイケル・ジャクソンが色んな意味ですごい人だと思い知らされる映画でした。

 

 

マドンナのマイケル追悼ライブ(マイケル役はケント・モリという若干24歳の日本人です)

 

マイケル・ジャクソンの原点