トップへ戻る

月一連載 小説ブログ『市街地と湖』

2012年10月26日

近くに湖のあるところが良かった。

夜に色々と反射する湖を見ながら散歩するのが私の今の癒しだから。
昼と夜の逆転している生活、それが私の日常。
24時間空いているお店で働くならそれくらいの覚悟はしているし。
いつもの散歩道をたまたま外れてぶらぶらしたのが3ヶ月前。その道に違和感のある自動販売機。
なんだか不思議な風景に私は惹きこまれた。
DSC_1493.jpg

昼間は車通りもそこそこあって、お店も空いている通りから少し入った道にこの建物はある。

鍵を開けて入ると広々としたリビングが広がっていて、その先に一つお部屋がある。
至ってシンプルな作り。物をあまり置かない私には丁度いい作り。
DSC_3566.jpg
湖に近いのに移動しやすいのも私の中ではプラスだ。
バス停が近く、市電にも歩いて行ける距離。駐車場も広々としていて開放感もある。
何より住宅街だけど静か過ぎず、うるさ過ぎないこの雰囲気が、落ち着いて暮らしたい私には安心できる。
近くにはオシャレな洋菓子店もある。緑も多い。
Screenshot_7_R.jpg
こんなに環境がいいのは熊本市内に住むなら少ないんじゃないかとも思う。
人より少し遅く起きて、お昼に少し遅めの朝食。
それから働きに出て夜遅くに帰って、綺麗で空気の良い湖の周りを散歩してリフレッシュ。
Screenshot_2_R.jpg
私の思い描いた生活が出来る環境がここにはある。
本当ならもっと山奥の静かな所がいいけど、働きに出るなら市内がちょうどいい。
数十年後の予行の生活のつもりでこの生活をしっかりと楽しむのもいいんじゃないかな、って思う。
カラサティード/熊本市東区江津