トップへ戻る

間取り説明書

2013年12月5日

今回は間取り表記についての説明をさせて頂きます。

一般的な賃貸マンションでは「R」「K」「D] 「L」「S」さまざまな表記があります。

まず○Kや○LDKのように○に来る「数字」
この数字は居室の数にあたります。

では「R]とは?

room=部屋 のこと。

ワンルームや1Rと表記されている間取りは

居室空間がひとつ。
基本キッチンと居室が一緒になった部屋の事を言います。
シェアハウスや寮などは部屋とは別に共同キッチンになっている場合もあります。

rainbow.JPG

「K」とは?

kitchen=台所のこと。

1Kと表記されている間取りは

居室空間が一つ、キッチン空間がひとつ、居室とキッチンの空間が区切られています。

joyfull.jpg

「D」とは?

dining=食堂のこと。

2DKと表記されている間取りは、

居室空間が二つ、ダイニングキッチン6畳以上10畳未満の空間が一つ。

fukagawa.JPG

1DK1部屋の場合はダイニングキッチン4.5畳以上8畳未満となります。

mezondopurumie-ru.JPG

「L」とは?
living=茶の間のこと。

3LDKと表記されている間取りは、

居室空間が三つ、リビングダイニングキッチン10畳以上の空間が一つ、もしくは独立キッチンの場合はキッチンとリビングダイニングの空間が区切られています。

yamashirobil.JPG

1LDK1部屋の場合はリビングダイニングキッチン8畳以上となります。

「S」とは?
service room=納戸や書斎

4LDK+Sや4SLDKと表記されている間取りは、

居室空間が四つ、キッチン空間が一つ、納戸や書斎空間が一つ、こちらも居室とキッチンの空間が区切られています。

サービスルームと居室の違いは部屋の広さや窓の設置面積などから求められます。

キッチンやリビング、サービスルームが2つあったらどうなるの??

例えばキッチン2つは
5LDKKもしくは5LDK+K
サービスルーム2つは
6SSLDKもしくは6LDK+SS
となります。

izumikasiya.JPG