トップへ戻る

夢中になってしまう積み木

2009年06月28日

どーも!! NBこと、渡辺です

昨日、娘の保育園の行事で親子ふれあいデーというものがありました。

簡単に言いますと、読んで字のごとく、親子でふれあいましょうという日になります。

毎年、色々と計画されていて年齢によっても企画は様々で、昨年はちなみに親子で泥団子作りでした。(これも意外と夢中になります)

今年は積み木作りで、最初は「なんだ積み木か・・・」っていうくらいの気持ちでいたんですが、その積み木自体がまさに天然の木の積み木で、触り心地も気持ち良いし、匂いも木のぬくもりを感じるし、先生も子供たちに「積み木も生きてるんだよね」と物の大切さを教えていました。

そんなやりとりに親としてはプチ感動しつつ・・・  先生のご指導のもと積み木を作りはじめました。

単調な作業ですが、すごく夢中になって、他の保護者の方々と一緒に作ってたんですが、みんな大人のほうが無言で夢中になってました・・・

そして、出来上がったのがコレ↓↓

090627_1018~01.JPG

 

壊すのがもったいない・・・と思いながらも壊してきっちり片付けました。

 

先生曰く、どんなにお散歩を長くした日よりも積み木をした日の方がぐっすりお昼寝をするらしいです。

頭と集中力を使ったほうが脳みそが疲れるってことなんでしょうね